3期生卒団記念定期戦🆚堺東山BBCさん|くら寿司スタジアム堺


今年も堺東山ベースボールクラブさんと3年生卒団記念の定期戦(9回戦)を開催いただきました。

クラブ創設駆け出しの頃から切磋琢磨して駆け抜けてきた3年間、何度も練習試合をしてきた相手。この最後の一戦には試合前から球場周辺に20台以上も出店され大盛況となったキッチンカーで楽しまれ休日の野球観戦に訪れていただいた多くの一般の観客の前で3年生3名が中学野球最後のゲームに臨みました。

引退試合の先発は1回限定の康太。
監督の粋な計らいだ。入団時からピッチャーを志望し、自ら高いハードルを設定しトライした康太。
幸先よく1勝を挙げるも、その後度重なる肘や肩、そして腰の故障で中学生活の多くの時間において野球がやれないもどかしさ、悔しさを誰よりも経験してきた。幾度か心が折れ野球をあきらめそうになった時を近くでずっと見てきた。

でも卒団を控えた今、彼は堂々と東大阪BBCで4番を張る内野手へと登り詰めた。故障が癒えた秋から週2回の平日練習に加え、ジュニアクラスの練習日にも特別に参加して後輩たちに混ざり、野球ができなかった時間を必死に埋めようとする康太。チームの誰からも慕われ、後輩からイジられる彼はとても真面目で愛嬌のある好青年だ。

チームメートやスタッフはずっとそんな康太が苦しんでいる姿を見てきた。
努力は嘘をつかない。
野球の神様は彼を絶対に見落とさない…

シーズンインした2月の実戦で暴れまくった康太、練習でも柵越えを炸裂する康太…この日も猛打賞で打率は5割と止まらない。
その姿はケガに怯えながら、自信のなさそうに野球をするかつての康太ではない。

次のステージで必ずやってくれるだろう…
その礎はもう備わっている。
やってやれ康太。

見事に1イニングを無失点に抑えた康太からバトンを渡されたのは、主将でエースの雄大。堺東山のエースとはいつも意識し刺激を受けてきた好敵手だ。お互いに譲らない。バックも1回から集中力を維持して好守を連発する。5回に連打を浴び失点するも最少に留め反撃の機会を伺う。

7回裏、啓太の2塁打を起点にリザーブ陣が作ったチャンスで叶大の中前タイムリーで同点に追いつく。
なおも2死1、2塁。回ってきたのは、副主将の武蔵。初回から好投を続ける相手投手の初球を読み切り一閃!代走の2塁走者の充恭が快速を飛ばし一気に勝ち越し2ー1。

そうだ、去年もそうだ…ここまではこれるんだ…
でも去年は最終9回に3点差をひっくり返された。

深く息を吐き最終回のマウンドに上がる昨年サヨナラ打を浴びた雄大。8回までの7イニングで毎回の10奪三振と奮闘する。
先頭がヒット、その後も繋がれ1死1.3塁と大ピンチ。
執念の堺東山、さすがにしぶとい…
あーっ嫌な予感がしてきた…

だがこのピンチも臆せずどんどん内角に突っ込むバッテリー。最後は詰まらせた当たりで6-4-3のダブルプレーでゲームセット!!!3年生3人が躍動した素晴らしい投手戦でした🤩

好敵手…ほんといいゲームにしかならんなあ🤗

堺東山ベースボールクラブの皆さま、企画立案から会場準備、進行まで本当にありがとうございます😊
3年生にとってこんな素晴らしい引退試合はありません。
今後とも末長くよろしくお願いします。

あっぱれ!堺東山BBC!東大阪BBC!
両チームの選手たちが次のステージでも活躍してくれることを楽しみにしています。

ホントいい日だった…😄

NEW

投稿カレンダー

2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
第4回BBCカップ
PAGE TOP