春季田辺合宿|田辺スポーツパーク

4/29-30  GWスタート。
今年も和歌山県の田辺スポーツパークにて春季強化合宿を行いました。

天候が心配されましたが、1日目練習終了後から降り出した雨は2日目練習開始時間には上がり、朝の室内練習メニューを消化した頃には、さすが抜群の水捌け能力を持つスポーツパークの野球場、グランド練習が問題なく行うことができました。

3年生はラストイヤーの春キャンプ。6回目の田辺合宿ともなれば、手際よく野球道具の整理整頓、下級生への指示、各ポジションメニューの消化で自身のレベルアップに勤しみました。
いまさら言うまでもない。
目標が決まったならもうやるしかないんよ。

昨年春キャンプ2日目、監督から洗礼を浴び、せっかくきた田辺で練習すらさせてもらえずスタンドで涙を流した2年生。秋の合宿を経て、後輩もできた彼らは精神的にも強くなった姿を見せてくれました。まだ余裕がないのは変わらないが、今はがむしゃらにアピールを続ける、その積み重ねと覚悟が見えた2日間でした。

そして初めての合宿参加となった1年生と小学生。
ようやく東大阪BBCへようこそやな😅
強烈な2日間だっただろう、顔から体まで真っ黒で苦しさと悔しさで悲壮感に満ちた表情…🥲
本気になれない選手はここでは無理だということだけははわかったのではないだろうか。

初日、ほぼ一日中走り続ける羽目になった1年生数名、50km以上は走らされたか…涙を流し何度も何度も心が挫けそうな中、でも最後まで走り切ったんだ。で君たちには何が残った?

”心技体の心を鍛える”
1日50kmを走ったところで野球が特別上手くなるわけもなく、マラソン大会に出るわけでもない。たった2日間ノックを受けまくったところで劇的に技術が進歩するわけはない。『これからの自分に覚悟を持つための2日間』

ここで中学野球をすると言うこと。
それを決めたのは他でもない自分自身だ。
自分にだけは嘘をつくな、全部自分に返ってくるんだ。

強い心の上に強靭な肉体が宿り、そこに技術が集う。
その信念を胸に、指導部は彼らが真に変わっていくことを願ってやまない。
この機会はそのスタート地点に過ぎない。

『昨日の自分を超える』
これからの選手たちの変化に期待します。

今年も田辺市、田辺スポーツパークの関係各位のご協力を得て合宿を無事に終えることができました。
いつも本当にありがとうございます。
秋にまた一回り成長した選手たちと帰ってまいります。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

NEW

投稿カレンダー

2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
第4回BBCカップ
PAGE TOP